映画

2018年6月 3日 (日曜日)

『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』が発表されたね

本日、6月3日に行われた『宇治でお祭りファスティバル』で、『響け!ユーフォニアム 波乱の第二楽章』の劇場アニメ版が、『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』との正式タイトルとキービジュアルが発表されたようですね。

Dev6yuru0aaxoi


ようですね、というのは、イベントには行ってないからです。
たぶん、このイベントで公開時期と正式タイトルが発表されるだろうと思っていたので、「行こうかなぁ」とも思ったのですが、今回もやめておきました。

で、キービジュアルの左の二人、『さつき』と『美玲』のW鈴木は『リズと青い鳥』にセリフ付きでちらっと出ておりまし、真ん中で『久美子』と背中合わせで座っている『奏』も合奏練習のシーンで『久美子』の左隣にいましたね。ピントが合わされておらず、ぼやけていましたが。
『緑輝』の弟子、『求』くんは初お目見え。超美少年との描写が原作にあるのでどんなんになるかと思っていたのですが、こんなカンジになったんですね。

公開時期はほぼ一年先。当初、2018年公開と発表されていましたが、なんだかんだでのびて来年の春か夏ごろ公開じゃね?と思っていたので、案の定といったところです。


そういえば、ブログには書きませんでしたが、『リズと青い鳥』の6週目と7週目もちゃんと観に行ってきてますよ。

6週目の鑑賞特典の生コマフィルムは、

Img_4253

『希美』が『みぞれ』からリズと青い鳥の本を返してもらったところ。
『リズと青い鳥』内で一番好きなシーンである『みぞれ』と『梨々花』の二人でのオーボエ演奏シーンのフィルムがほしかった!

7週目の鑑賞特典は『山田尚子』監督のイラストカード。

Img_4254


実は、7週目は大阪まで観に行っています。
というのも、いつも観に行っていた『MOVIX京都』での6/2の公開時間が16:50からの一回のみの上映で、この日は仕事でこの時間に見に行くことはどうやっても不可能。6/3の公開も同時間のみの上、舞台挨拶付きの特別上映でチケットは早々に完売。
見に行くのやめようかとも思ったのですが、ここまで来ると最早意地。『大阪ステーションシティシネマ』で19:10からの上映なら仕事終わりでも十分観に行けるので、行ってきたのです。

Img_4242

ここで映画を見るのは今回で3回目。
1回目はまだ地元の豊岡にいた頃。夜勤明けでそのまま訪れて『魔法少女まどか☆マギカ[新編] 反逆の物語』を観に行ったとき。
2回目は『劇場版 ラブライブ!』を観に行ったとき。
駅ビルの中に映画館があるので、足を運びやすくていいですね。


さて、『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』ですが、”誓いのフィナーレ”の意味は何なのでしょうね。
3年生編(もしくは久美子部長編)がまだ残っているのに(原作さえまだありませんが)、フィナーレとはどういうことなんだってばよ。
観ればわかる?
そりゃそうだ。

2018年5月19日 (土曜日)

『リズと青い鳥』を観てきたよ 5週目

今週も懲りずに『リズと青い鳥』を観てきたですよ。
5週目ですね。
特典商法にまんまと引っかかっているです。
5週目の鑑賞特典は、久美子と麗奈のイラストカード。
貰ったのは、

Img_4085_4


『響け!ユーフォニアム』版、池田晶子さんのイラストカード。
リバーシブルなので、裏側の麗奈のイラスト。

Img_4086



今回の鑑賞では、なるべく背景のキャラ、いわゆるモブキャラを注視するように観ていたです。
するとどうでしょう。
求くんが手だけ出ていたり、久美子の横に奏ちゃんがいたり、瞳ララちゃんが、ちゃっかりAメンバーになっていたりと、今まで気が付かなかったことが色々とあったですよ。
後は、鈴木さつきの声が誰なのか?
何回も聞いて、たぶん○○○○さんだと思うのだが、どうだろう。
違っていたらハズいので、伏せ字にしておくです。

2018年5月12日 (土曜日)

『リズと青い鳥』を観てきたよ 4週目

今週も『リズと青い鳥』を観てきたですよ。
4週目ですね。
4週目の鑑賞特典は、京アニスタッフの手作り缶バッチ。
響け!ユーフォニアム』・『中二病でも恋がしたい!』・『Free!』の三種類の中からランダムで配布されるです。
ボク様の本命は当然『ユーフォ』、次点『中二』、『Free!』はどうでもイイといった順。
で、貰ったのは……

Img_4053_3


Free!』だったよ……


劇場で前の席に座っていた兄ちゃんが、袋から出したら『ユーフォ』の缶バッチだったのでガッツポーズとっていたです。
イイなぁ。


このFree!の缶バッチ、欲しい人がいたらあげるよ、マジで。
郵送は面倒なので、手渡し出来る人(京都近辺の人)にあげますよ。

2018年5月 5日 (土曜日)

『リズと青い鳥』を観てきたよ 3週目

今週も『リズと青い鳥』を観てきたですよ。

3週目ですね。

鑑賞特典のイラストカードはこちらでした。

Img_4009


リバーシブルなので裏面は希美。

Img_4010



『響け!ユーフォニアム』版のイラストですね。

『リズと青い鳥』版は、また『ヤフオク』か『らしんばん』のお世話になります。

ポスター付き前売り券の持っていなかった『みぞれ&希美』のポスター、本日『らしんばん』京都店で買って来たです。2000円でした。
思っていたよりも安かった。
『久美子&麗奈』の方が高いとは思わなかったよ。

2018年4月28日 (土曜日)

『リズと青い鳥』を観てきたよ 2週目

リズと青い鳥』を今週も観てきたですよ。

Img_3056


MOVIX京都の屋外に飾られていたポスターには、先週の舞台挨拶後に書かれたと思われる山田尚子監督と主演声優さんたちのサインが入っていたですよ。


2週目の鑑賞特典のイラストカードもちゃんともらったですよ。

Img_3058


1週目のイラストカードと並べて撮影。

Img_3059


今週から販売開始の設定集を購入。

Img_3060


今回、物販で買ったのはこれだけ。



先週気になっていた低音パートの1年生。
抱き合っていたのはやっぱりW鈴木でした。
奏は後を向いていたので顔は見えずでした。
求君はいなかった。


改めて見ると、梨々花ちゃんが健気でカワイイですね。
手の仕草とかが、『けいおん!』の唯みたいだった。



もちろん、3週目も行きますよ~。
前売り券が、まだまだあるもんね。

2018年4月21日 (土曜日)

『リズと青い鳥』を観てきたよ

MOVIX京都で『リズと青い鳥』を観てきたですよ。

Img_3015


鑑賞したのは、19時20分から上映の回。
朝イチの上映回に行きたかったですが、本日はお仕事だったのですよ。

Img_3017


んで、不安だったのが、物販や鑑賞特典が無くなっていないかということ。
鑑賞特典はともかく、物販は完売商品も出ているだろうなぁ、特にポスターなんかはまず無くなっているだろうなと思っておったのですが、ありがたいことに全部あったですよ!
売り切れ商品がひとつもなかった。
という訳で、クリアファイル二種類とHGポスターを購入。

Img_3022


欲しい商品が無かったら悔しいけど、売り切れが無いとそれはそれで寂しく感じてしまうのは何故なのでしょうか。

他には、コンボセットを、ミニクリアファイル目的で購入。

Img_3014_2


映画を観ながらポップコーンを食べると、ポリポリうるさいのでボク様は食べません。
ドリンクだけ飲むです。
目的のクリアファイル。

Img_3021


このイラスト、凄く気に入ったです。
ミニクリアファイルではなく、B1かB2サイズのポスターにしてくれないものか。
京アニショップで販売して欲しいぞ。



さて、内容ですが、『響け!ユーフォニアム 波乱の第二楽章』から、みぞれと希美の二人の部分のみを抜き出して映像化したものです。
なので、どんな終わり方、ラストシーンになるのだろうかと思っていたですよ。
さぁ、コンクールが始まるぞ!というところで終わるかな、と予想していたのですが、大外れ。

まずは、登校シーンから始まって、吹部の練習がスタート。
中盤に差し掛かろうかという頃、気付いたです。
ずっと学校の中で話が進んでいる。
「あがた祭りに一緒に行こう」とか、「プールに行こう」とかセリフがあっても、そんなシーンは描かれず、直後に「この間のプールの写真です」と出てくるくらい。
このあたりで、終わり方というか、学校の中でのことしか描かないという表現理由がわかったです。

今作は、『響け!ユーフォニアム』から一年後、久美子達が2年生になってからのお話なので、当然新1年生達がいるわけなのですね。
低音パートの1年生達がワンカット程度出ていたのですが、本当にチョットの時間しか出なかったので、よくわからんかったが、抱きつかれていたほうが『鈴木美玲』で抱きついていたほうが『鈴木さつき』かな。
2回目を見に行ったときに注視しておこう。
久石奏』や『月永求』とかもいたかもしれんしな。

卒業してしまっているので『小笠原晴香』の出番が無いのは当然なのだが残念なのです。
新部長の『吉川優子』も好きなキャラなのでいっぱい出番があってよかった。

感想等書きたかったことがいっぱいあるんだけど、書き切れそうにないのでこのへんで止めておくです。
ただこれだけは書いておこう。
静かすぎる作品(音がではない)なので評価が分かれると思う。
あと、『響け!ユーフォニアム』本編を観ていないと人間関係とかサッパリわからないだろう。
良くも悪くもファン向けの映画。


当然パンフレットを購入。

Img_3019


そうそう、あると思っていたフォトセッションは無かったです。
ザンネン。


もう一つ残念な事。
献血するとクリアファイルがもらえるキャンペーンをやっているです。

Img_3018


普通ならすぐにでも行くところなのですが、前回献血したのが2月25日。
次に出来るのが5月20日なので、まる一月待たねばならんのですよ。
それまでクリアファイル残っているかなぁ。
献血の間隔は3ヶ月だから、5月に献血しても、9月の『京まふ』での献血は出来そうかな。



オット、のせ忘れていた鑑賞特典。

Img_3020


二週目の鑑賞特典と並べて一枚絵になるようです。
なので、GW初日の来週も観に行くぞ。

2018年4月12日 (木曜日)

京アニショップ限定の『リズと青い鳥』の前売り券が届いたよ

京アニショップ限定の『リズと青い鳥』の線画集付き前売り券が届いたですよ。

Img_2996


その前にはLoppi限定のA3タペストリー付き前売り券も購入しているのですよ。

Img_2610


おかげで、5枚もの前売り券があるのです。

Img_2997


さすがに、これ以上は買わねーです。

2018年2月25日 (日曜日)

『さよならの朝に約束の花をかざろう』を観てきたよ

T・ジョイ京都で『さよならの朝に約束の花をかざろう』を観てきたですよ。

Img_2389

それにしても長いタイトルだな。


パンフレットを買うついでに物販コーナーを覗いてみたら、すでに多くが売り切れ状態。

Img_2390

公開二日目とはいえ朝イチ9時からの上映時にすでにこの状態とは思いもしなかったですよ。



感想。
まず目を引いたのは美しく描かれた背景美術。
ファンタジーの異世界感がとても良く伝わってくる美しさ。

内容については……
ごめんなさい。ボク様の語彙力では上手くかけない。
観る人によって感じ方が違うんじゃないかと思うのです。
ボク様みたいなおっさんではなく、女性の方が観ると主人公『マキア』や『レイリア』の気持ちがよく理解できるのではなかろうか。
自分としては『クリム』が気の毒すぎて……

とはいえ、とてもいい映画だと思うのですよ。
『上橋菜穂子』さんや『荻原規子』さんの書く児童文学作品に通じる物があるように思ったのです。

イオルフ(別れの一族)の衣装、何かに似ているなと公開前から思っていたのですが、動いているのを見て「これベトナムの民族衣装のアオザイだ!」と確信したのですよ。
ただ、ズボンをはいていないので生脚がチラチラして、現実にいたら目のやり場に困りそうです。


鑑賞特典で貰ったポストカード。

Img_2395


購入したパンフレット。

Img_2394


表紙のイラストがなんかエロティックに感じるのは、きっとボク様の心が汚れきっているからなのだ。

2018年1月22日 (月曜日)

『咲-saki- 阿知賀編』を観てきたよ

21日、Tジョイ京都で『咲-saki- 阿知賀編』を観てきたですよ。
Img_2352


それも15:00ちょうどからの舞台挨拶付きの上映で観てきたのです!
Img_23502


15:00からの舞台挨拶は阿知賀女子の面々、15:15からの回は宮永照役の『浜辺美波』さん、原村和役の『浅川梨奈』さんと『小沼雄一』監督の舞台挨拶。
チケットを取るときどっちの回を取るか迷ったですが、やはり主演の子達の方だろうとの結論に達し15:00からの上映の方を選んだですよ。


舞台挨拶とか正直どうでもよかったですが、今回なぜ舞台挨拶付きの上映に行ったかといえば……

「なんとなく」

そう!なんとなく席が開いてるし行ってみるかといった程度のことなのですよ。
いや、でも行ってみるものですな。
阿知賀女子の子たちはみんな可愛くて眼福だし、撮影のちょっとした裏話的なことは聞けるしで、こうゆうのも良いなと思ったですよ。
機会があれば、また何かの作品の舞台挨拶付きの上映に行ってみようかね。



今回の『咲-saki- 阿知賀編』も前回の『咲-saki-』同様原作コミックのキャラクターの再現率が非常に高く、漫画のまんまじゃんと言える子たちが沢山でしたよ。
特に『フナQ』!
ボク様の好きなキャラ、『花田煌』も原作そっくり。声もアニメに似せていたのでは?


あとエンドロールを見ていてキャストの所に『ギバード桜子』の名前があるではないか!
コミック作画の『五十嵐あぐり』さんも気にしていた『ギバード桜子』。
しっかり出ていたようなのです。
でも、どの子かわからんかった。



ロビーにサイン入りのポスターが展示されていたです。
Img_2353


鑑賞特典で貰ったオフショットブロマイド。
Img_2365



さすがに全国編の実写化はないだろうな。



舞台挨拶の最後に写真撮影があって、その写真が公式ツイッターにアップされているですが、ボク様、小さく写っておりました。でも、自分でも「確かこのあたりにいたはず」と探してようやく見つかる程度の大きさだったですよ。

2018年1月 6日 (土曜日)

『中二病でも恋がしたい!Take On Me』を観てきたよ

MOVIX京都で『中二病でも恋がしたい!Take On Me』を観てきたデース!
Img_2228


いつもは公開初日の朝イチの上映を観に行っているのデスが、今回は二回目、12:00からの上映で観てきたデス。
Img_2229


この↓のポスターは初めて見たデス。
Img_2231


響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~』の時と同様に、本編上映前にフォトセッションがあったデス。
Img_2232


週替りで3回替わるらしいデスが、ユーフォほどこれにハマっているわけでは無いのでたぶん2・3週目のを目にするのはずっと先になりそうデス。


鑑賞特典の生コマフィルムはこのシーンだったデス。
Img_2223


凸守がお気に入りのキャラなので、まぁ良しとするデス。



本編の見どころは……
神様!
大塚芳忠氏はやっぱり最高デス。

観てる最中
「一色くんの出番はなさそうだな。入る余地ないし」
と思っていたら、出てきたデスよ。意外なところで。

あと、PVで話題になっていた『たまこまーけっと』の『たまや』がちゃんと出てきたうえに豆餅を買っていたり、『うさぎ山商店街』まで描かれていて『たまこまーけっと』好きとしてはとても嬉しかったデス。


もちろんパンフレットは購入したデス。
Img_2224


物販で購入したのは2種類のクリアファイルのみデス。
Img_2225


その代わり(?)4月21日公開の『リズと青い鳥』の前売り券を購入して特典のクリアファイルをもらってきたデス。
Img_2227


特典付き前売り券第二弾とかがあったら、また買わなくてはならないデス!
とにかく公開が待ちどうしいデス。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ