神社仏閣

2018年6月12日 (火曜日)

淡嶋神社を参拝

加太まできた目的は人形供養で有名な『淡嶋神社』を参拝するためです。

Img_4329


朱色の鳥居が目を引きます。

Img_4330


鳥居を抜けると、お店が並んでいて、食事やお買い物ができます。

Img_4343

ここの満幸商店さんのしらす丼がかなりのものだそうですが、いただきませんでした。


参道をどんどん進みます。

Img_4331


本殿が見えてきました。

Img_4332


本殿です。

Img_4333

参拝者が思っていたよりも多かったです。


手水舎です。

Img_4334


かえるの口からお清めの水が出ていました。

Img_4335

なんでかえる?と思っていたら、

Img_4342

だそうです。


さて、ここ淡嶋神社といえば、人形供養。
本殿には、

Img_4339

このように人形がズラリと並んでいます。
訪れる前は、日本人形が並んでいる光景はどんだけ恐怖心が煽られるんだろうかと期待していたのですが、そんなことは全然なかったです。

人形を納める方への注意書きがありました。

Img_4340


お面もありました。

Img_4336


下着の奉納案内。

Img_4337


授与所です。

Img_4338


オリジナルの御朱印帳がありました。

Img_4341


いただいた御朱印です。

Img_4370


本殿脇から裏の方、末社の方にも人形やらお面やらが所狭しと並んでいて、果たしてどこまで撮影して良いのか悪いのか。
収められている絵馬のところには撮影禁止と書かれていましたが、それ以外には特に注意書きもなかったので、おそらく撮影しても良かったのでしょうが自粛しました。


不謹慎だけど、いわくつきの人形が見たかったです。

2018年6月11日 (月曜日)

加太春日神社を参拝

和歌山に行ったとき、加太まで足を伸ばして、『加太春日神社』を参拝してきました。

Img_4319


Img_4321_2


重要文化財とは訪れるまで知りませんでした。

Img_4322


手水舎です。

Img_4323


例祭をえびす祭りとよんでいるそうなので、えびすさんの絵がありました。

Img_4324


重要文化財である本殿の解説。

Img_4328


重要文化財の本殿です。

Img_4325


まずは参拝。

Img_4327


授与所は本殿内、参拝所のすぐ横でした。

Img_4326

右の手すりのところに呼び出しボタンがあるので、御朱印をいただくために押したところ、氏子さんと思しき初老の方が来られて、
「申し訳ないけど、いま宮司が出かけていて御朱印の対応ができない。小1時間でもどるんだけど」
とおっしゃられたので、
「では、後ほどまた寄らせてもらいます」
と伝えて、一旦ここから移動。
しばらくしてから再訪すると対応してくださった氏子さん?がちょうど車に乗り込まれるところに出くわし、
「さっき宮司が帰ってきたよ」
と言ってくださったので謝意を伝えた後、宮司さんに御朱印を書いていただきました。

いただいた御朱印です。

Img_4371

住宅地の中にあって、わりとこじんまりとした神社でしたが、すごく雰囲気が良かったです。

2018年5月21日 (月曜日)

護王神社を参拝

護王神社』を参拝してきました。

Img_4092


京都御所のすぐそばにある神社で、以前一度参拝に訪れているのですが、その時はまだ御朱印を集めていなかったので、今回久し振りの参拝です。


神社を囲む柵には、ここで祀られている『和気清麻呂』のイラストストーリーがかざられています。

Img_4152


表門を挟んで反対側には『和気清麻呂』の肖像のお札とその解説。

Img_4155


由緒書です。

Img_4093


ここ、『護王神社』は狛犬ではなくて狛猪。

Img_4094


反対側の猪。

Img_4095


手水舎です。

Img_4099


Img_4099_2

猪の口から水が出ています。


拝殿です。

Img_4097


この拝殿に重巡洋艦『高雄』の【忠烈】の額が祀られています。

Img_4147


知っている人はしっている、ここ『護王神社』は重巡『高雄』の艦内神社なのです。

【忠烈】の額の解説。

Img_4140


高雄のラバストと額を撮影。

Img_4143

「馬鹿め…と言って差し上げますわ!」

奉納されている高雄の絵とも撮影。

Img_4141


和気清麻呂の像。

Img_4146


中門と境内案内図ではかかれています。

Img_4145

ここで二礼二拍手一礼して参拝。


奉納された猪たち。

Img_4150


授与所、御朱印受付。

Img_4149

御朱印はこちらでいただきました。

オリジナルの御朱印帳がありました。

Img_4151


いただいた御朱印です。

Img_4172


巫女さんが募集されていましたよ。

Img_4098


興味のある人は、ぜひ!

2018年5月18日 (金曜日)

東京大神宮を参拝

関東旅行の最終日、『東京大神宮』を参拝してきました。

Img_3901


由緒書です。

Img_3902


手水舎です。

Img_3903


神田明神と同じく、柄杓がなく手で水を受けて清めます。

Img_3904


参拝者の列。

Img_3905

祝日だからか、参拝者が多いです。
姉妹社ともいえる『京都大神宮』は閑散としているのに。


参拝をします。

Img_3907


授与所は人で溢れていました。

Img_3909


御朱印受付。

Img_3910


オリジナルの御朱印帳がありました。

Img_3912


御朱印をお願いして、待っている間境内を散策。

伊勢の名物、赤福が販売?されていました。

Img_3915

関西だと大阪駅や京都駅でも売っているので珍しいものでは無いですが、東京ではあまり見ないのでしょうかね。


御朱印をいただいて『東京大神宮』をあとにしました。

Img_3918


いただいた御朱印です。

Img_4000


もちろん『京都大神宮』の御朱印帳にいただきましたよ。

Img_4001


京都に戻ってから、『京都大神宮』の御朱印を横のページにいただいてきました。

Img_4011


神前結婚式の始まりであり、縁結びの神社なのでか女性の参拝者がとても多かったです。

2018年5月17日 (木曜日)

神田明神を参拝

関東旅行最終日、『神田明神』を参拝してきました。

Img_3898


ラブライブ!』ファンにはおなじみで、ずっと来たかったところです。


随神門という立派な門。

Img_3876


明神男坂。

Img_3866

案の定、倒れて撮影している人がいました。


通常境内にある手水舎、門の外の左にありました。

Img_3889

柄杓はなくて、チョロチョロと出ている水を手に受けて清めます。

Img_3890


由緒書です。

Img_3877


境内の一部。

Img_3885

緋袴の巫女さんが奥の方にいらしゃいますね。

もう一つ境内の様子。

Img_3893


本殿(御神殿)です。

Img_3882


本殿と狛犬。

Img_3883


参拝をした後、境内を見て回ります。

えびす様像。

Img_3881


だいこく様像。

Img_3879


グッズ販売の露店。

Img_3870


Img_3871


もう一箇所グッズ販売所。

Img_3873


Img_3872


Img_3888

社殿の一角が販売所になってるよ。


のぼりやポスターがあちこちに。

Img_3886_2


Img_3894


Img_3868


ラブライブ!』はともかく、『ご注文はうさぎですか?』は『神田明神』となんの関係があるのか?
ぜんぜんわからん。


オリジナルの御朱印帳がありました。

Img_3891


こちらは、グッズ販売所で買った『ラブライブ!』の御朱印帳。

Img_3998_2


いただいた御朱印。

Img_3997

見開き2ページを使った御朱印です。
ラブライブ!』の御朱印帳ではなく、持参した御朱印帳にいただきました。

境内のベンチで休んでいると、ラブライバーが会議をしておりました。

ここには、また参拝に来たいです。

2018年5月15日 (火曜日)

大洗に行ってきたよ 大洗磯前神社編

大洗に行ったときに『大洗磯前神社』を参拝してきました。

一ノ鳥居です。

Img_3664


二ノ鳥居です。

Img_3668


この奥の石段を登って神社に向かいます。

Img_3670


石段を上りきって上から撮影。

Img_3671


よくこんなとこ戦車でおりたなぁ。

手水舎です。

Img_3672


由緒書です。

Img_3675


本殿です。

Img_3681


Img_3683


授与所です。

Img_3682


御朱印はこちらでいただきました。

Img_3995

オリジナルの御朱印帳もあったですが、持参した御朱印帳にいただきました。

Img_3688


境内には『ガールズ&パンツァー』の大絵馬。

Img_3689


もちろん、干支の大絵馬もありましたよ。

Img_3684


境内にある、川内型軽巡洋艦3番艦『那珂』の碑。

Img_3676

ここ『大洗磯前神社』は『那珂』の艦内神社なのです。
ですからここは、『ガルパン』の聖地であると同時に『艦これ』の聖地でもあるのですね。
という訳で。

Img_3677

「那珂ちゃんだよ~」

Img_3678

このためにラバスト用意してきました。
バチあたりめ。


奉納されている絵馬。

Img_3685


痛絵馬もたくさんありました。
その中から一つ。

Img_3687

個人的に大ウケだったのでのせてしまいました。


御朱印と一緒にいただいたミニクリアファイル。

Img_3996


あいにくとこの日は曇り空だったので太平洋の綺麗な景色は見られませんでした。

Img_3694


私は日本海側の出身なので、太平洋の景色はほとんど見たことがないんですよね。

Img_3696_2

2018年5月11日 (金曜日)

川崎大師を参拝

関東への旅行で『川崎大師』に参拝してきました。

京浜急行電鉄大師線の川崎大師駅で下車。

Img_3481


歩いて『川崎大師』に向かいます。

Img_3480


GW中とはいえ、平日の夕方のためか参道はほとんど人がいません。

Img_3485


しまっているお店もあります。

Img_3486


この飴屋さん、わかる人にはわかるお店です。


立派な山門。

Img_3487


Img_3488


手水舎。

Img_3495


ここに来て痛恨のミス。
本堂の写真、撮ってなかった!


お賽銭を入れて参拝。

Img_3500


本堂内のお授け所。

Img_3503


オリジナルの御朱印帳。

Img_3501


境内を散策します。

Img_3509


この橋を渡って薬師堂へ。

Img_3505



八角五重塔。

Img_3510


寺院の御朱印帳は持参していなかったので、こちらの御朱印帳をいただきました。

Img_4005


いただいた御朱印です。

Img_4004


さて、なぜわざわざここに参拝に来たかといいますと、このあたり、とあるゲームの舞台のモデルなんですね。
前述の飴屋さんも出てきますし、この『川崎大師』はヒロインの家のうえ、武術の修業の場になっていたりするのです。
まぁ、そのゲームが出たのは結構前ですし、18禁ゲームなんですがね。

2018年5月 1日 (火曜日)

城南宮を参拝

城南宮』を参拝してきました。

Img_3285


伏見区にある神社で、鳥羽・伏見の戦いの発端の地です。

Img_3304


由緒書です。

Img_3303


手水舎です。

Img_3286


朱色の鳥居をくぐってすぐのところに、神苑への入り口があります。

Img_3287_2


拝殿です。

Img_3288


新宮舎です。

Img_3289

しまっていました。
たぶん、初詣のときとか、例大祭のときには開いているんじゃないかな。


神楽殿です。

Img_3290


本殿です。

Img_3292

改装中ですね。


授与所です。

Img_3294

ここの御朱印受付で御朱印をいただきました。

ここ城南宮にも何種類かの御朱印がありました。

Img_3295


他にも、季節や時期ごとの限定朱印があるようです。

Img_3299


城南宮オリジナルの御朱印帳もありました。

Img_3297


いただいた御朱印です。

Img_3305


明治維新・明治天皇行幸150年記念限定朱印というものがありました。

Img_3296

今年限りの朱印かな?
いただかなかったのですが、今頃になって貰っておけばよかったと思っております。
自宅から自転車で30分くらいの距離なので、気が向いたらいただきに行こうか。

梅の名所として有名だそうなので、その時期にも行ってみたです。
ただ、このあたり、他になにもないんだよなぁ。

2018年4月11日 (水曜日)

御香宮神社を参拝

宇治に行った帰りに京阪電車の伏見桃山駅で下車して『御香宮神社』を参拝してきました。

Img_2918


駅から神社へ向かう途中に赤い大鳥居があって大変わかりやすです。

Img_2917


山門をくぐって参道を進みます。

Img_2919


手水舎。

Img_2920


何故か水が出ておらず、蓋がされてました。


拝殿です。

Img_2921


拝殿には極彩色の見事な彫刻。

Img_2922_2


拝殿をくぐって本殿に向かいます。

Img_2923


本殿で参拝します。

Img_2924


Img_2925


本殿の左手に湧いている、あの伏見の御香水。

Img_2926


コレがあるから手水舎の水が止められていたのかな?


御香水の石碑と満開の桜。

Img_2927



御朱印をいただいたのはこちらの授与所から。

Img_2928


ここ『御香宮神社』にも御朱印が数種類あります。

Img_2929


いただいたのは②の御朱印。

Img_2942


たくさん並んだお守り。

Img_2930



伏見名水スタンプラリーなるものがあるようで。

Img_2931


こういうのを見ると参加したくなってしまう。



じっくり見て回りたかったのですが、この日夕方から用事があったので、必要最小限しかまわることが出来なかったです。
時間のあるときに伏見方面の観光にまた来ようと思います。
寺田屋』とかもまだ見に行ってないしね。

2018年4月10日 (火曜日)

宇治上神社を参拝

先日、宇治に行ったときに『宇治上神社』に参拝してきました。

Img_2898


世界遺産に認定されているので、説明の必要はないですね。
まぁ、今まで参拝した神社の説明なんか書いたこと無いけど。
この独りよがりブログは行ってきた報告だけで、紹介ブログではないので説明なんかはしないのです。
興味のある人は自分で調べるだろうからね。



境内に入ってすぐの拝殿です。

Img_2899


手水舎として使われている『桐原水』。

Img_2896_2


現存する唯一の宇治七名水の様です。

Img_2894


建屋の中で手を清めます。

Img_2895_2


本殿へのでっかい案内書きに従って、本殿へ向かいます。

Img_2900


境内の見取り図も描かれていますね。


本殿です。

Img_2891


平安時代後期に建立さたという本殿。
よく現在まで残っていたものだと関心してしまいます。


いつものように御朱印をいただいたのですが、ここ『宇治上神社』にはこんなに御朱印の種類があるのです。

Img_2889


屏風のように、いろんな御朱印が並んでいます。
私がいただいたのは御朱印帳に直接書いていただける一般的な物。

Img_2941


なんでも季節ごとの限定朱印とかいろいろあって、全部で23種類もあるとか。
全種類いただくのは大変だなぁ。


御朱印はこちらの授与所から。

Img_2892


可愛いうさぎの授与品が沢山あって、つい手が出そうになったです。

Img_2943


非売品だけどこんなのもありました。

Img_2944



参拝に行った日は実は平日で、意外と参拝者が少なかったので参拝しやすかったです。

今までも宇治に来たときに、『宇治上神社』に参拝をしているのですが、なぜか御朱印をいただいていなかったのです。
宿題が一つ片付いたような気分です。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ